多目的マジック!~アロワーズで実践しているオフィスの工夫をご紹介~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロワーズでは自社オフィスにてスペースの有効活用法を実証しています。特に、1つの製品で2つ以上の機能を持たせる工夫は、手前味噌ながら成功している工夫だと思います。

入口のサインボードはプロジェクタースクリーンにも

弊社エントランスから執務スペースに入る場所には、弊社のロゴや理念が描かれたサインボードを設置しています。プロスポーツでヒーローインタビューを受ける選手の後ろに設置してある、アレですね。

サインボードは取材を頂く時など撮影のバックとして使うことも多いので既に一石二鳥ですが、更に裏側の面にはプロジェクターで映像を映し出して朝礼でも利用しているのです。

ローパーティション表と裏

カタログ収納機能付きのパーティションもあります

カタログの収納は「見やすく」「持っていきやすい」ということを両立する必要があります。よく展示会で見るような縦型スタンドでもよいのですが、弊社はコレを利用しています。

パンフレットとポスター

ミーティングスペースの間仕切りの役目をしながら、パンフレットやカタログの収納が可能なタイヤ付きローパーティションです。

裏面に関しては様々なものを掲示できますので、お客様がいらっしゃる場合にはポスターなどを御覧頂くこも可能です。

多目的スペースは本当に多くの目的で使っています

スタックテーブルと、上記のようなタイヤ付きパーティションを導入すれば、ひとつのスペースを何通りにも活用することができます。

通常は4名用打ち合わテーブルが2つ。

これを繋げれば10名強の会議も可能ですし、学校の教室のように並べればセミナー室に早変わり。さらに立食であれば20名程度の社内で飲み会も可能になるのです!多目的スペース

都心のオフィスだからこそ

このように一つの製品やひとつの場所でも、色々な用途で使うことが可能になります。

スペースが少ない都心のオフィスでは特に必要なオフィスの工夫ではないでしょうか。ご興味ある方はぜひアロワーズまでお越し頂き、実際の使い勝手をご覧頂ければと思います。


内装

 

記事の平均評価

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする