お問い合わせリンク

「フリーダイヤル」だけじゃない。着信課金サービス

多くの企業が利用している0120・0800から始まる着信課金サービス。

お客様に通話料がかからない「フリーダイヤル」という名前で良く知られていますが、この「フリーダイヤル」はNTTコミュニケーションズのサービス名となっており、キャリアによって名称やロゴマークが異なります。

0120

代表的なところでは下記のようなものがあります。

フリーダイヤル - NTTコミュニケーションズ

NTTコム_フリーダイヤルだけじゃない。着信課金サービス

フリーアクセス、フリーアクセス光ワイド - NTT東日本、NTT西日本

NTT東西_フリーダイヤルだけじゃない。着信課金サービス

フリーコールスーパー - ソフトバンク

ソフトバンク_フリーダイヤルだけじゃない。着信課金サービス

フリーコールDX、フリーコールS - KDDI

KDDI_フリーダイヤルだけじゃない。着信課金サービス

それぞれに細かく違いがあるので、どのサービスを利用するのが一番良いのかということはなかなか難しい問題です。

基本的には下記のような点が選定の基準となってきます。

  • 料金

サービスによって料金プランが大きく異なります。

通話料はもちろん、月額の基本料金も課金単位が異なり、単純に番号数だけでは比較できなかったりします。

  • 機能

例えば、着信時に発信元の地域をアナウンスする機能がどのキャリアにもありますが、そのアナウンス内容が細かく異なっていたりします。

どのような機能が必要なのか、検討が必要です。

  • 電話回線のキャリア

電話回線のキャリアと異なるキャリアであってもご利用は可能ですが、機能に制限が出てくる可能性があります。

例えば、発信にも0120・0800番号を通知するサービスが利用できなかったりすることがあります。

  • サービス名称・ロゴマーク

当然のことながら、NTTコミュニケーションズ以外のサービスを利用している際には、「フリーダイヤル」という名称・ロゴマークを広告などに用いることはできません。

「フリーダイヤル」が広く普及しておりますので、ご利用になりたい際には注意が必要です。

写真_フリーダイヤルだけじゃない。着信課金サービス

移転などのタイミングで電話回線の契約を見直す場合、着信課金サービスの再検討も必須となってきます。

電話回線のキャリアだけ変更してしまい、0120番号がいままで通りに使えなくなってしまうトラブルは良くあります。

回線について相談している業者がいる場合、着信課金番号についても忘れずに相談するようにしましょう!!

 

記事の平均評価