【施工事例ご紹介】プレハブ事務所の内装リフォームに密着!!(前編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスビルの内装・移転作業をメーンに手掛けております弊社ですが、そんな中プレハブ事務所の内装リフォームの依頼を頂きました。どんな過程を経てリフォームが完成するのか、二回に分けてお届けいたします。

アポイントを取り現地に訪問!

a.プレハブ外観

約1ヶ月後…

打ち合わせを重ね、プランを練り、お客様との信頼も築き、ついに無事オーダー頂くことができました!

ギリギリまで営業日を削りたくないというお客様のご要望もあり、正味3日間での強行日程にて施工をすることなりました。

果たしてこのプレハブ事務所が3日間でどのように生まれ変わるのか、ご注目下さい!!

b.before.1

c.before.2

◆1日目【既存什器搬出~既存配線撤去】

金曜日の事務所稼働終了後、18:00からいよいよ作業スタートです!

まずは事務所脇にある資材倉庫へ既存什器を搬出します。

d.資材搬出

時間が限られているため配線撤去作業も同時進行で行います。

e.配線撤去

みるみるうちに事務所が空っぽになっていきます!さすがプロ!

わずか3時間程度でご覧の通り、資材・配線の撤去作業が完了しました!

f.資材搬出後 事務所

◆2日目【壁面クロス張り替え作業】

翌日土曜日朝8:00、クロス張り替え作業のスタートです!

g.クロス施工準備

金属の支柱が多く、また壁面の素材が合板なため、熟練の職人さんでもかなり大変な作業

であったそうです。

h.クロス施工

それでも黙々と終日作業をして頂き、なんとか1日で施工を終えることが出来ました!

クロスがきれいになるだけで室内の印象がガラッと明るくなりましたね。

i.クロス施工完了

ここまでは順調に作業が進んでおりますが、明日が正念場!

完工まで全く気が抜けません!

~後編につづく~



内装

3.5/5 (2)

記事の平均評価

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする