お問い合わせリンク

連休明けたらPCが拗ねてやがった・・・ 休み明けに起こりがちなトラブルとは

今日は3連休明けの出社という方も多いのではないでしょうか?

長期休み明けは、実は色々なトラブルの発生率がすごく高い日でもあるのです。

今回は、“憂鬱が増す休み明けオフィストラブル”と、その対策をご紹介致します♪

■PC関係のトラブル

PCが不調

度々フリーズ・度々再起動など、PCが拗ねてしまうなんて事も・・・

長期休暇前は、きちんと電源を切り、いつも頑張るPCにもお休みをあげましょう!

大量の迷惑メール

画像②

読み込みが終わらない程の迷惑メールが!!!なんて企業さんも。

始業が遅くなるだけでなく、迷惑メールに埋もれて重要なメールを見逃してしまう可能性も・・・

UTMなどでセキュリティーを強化し、迷惑メール排除がおすすめ!

■その他のトラブル

休み前の記憶がない

殴り書きのメモが読めない・・・・(実体験)

今まで何をやっていなのか思い出せない・・・(実体験)

ここだけの話しですが、わたくし、お盆の連休明けでは記憶の完全復旧に3日はかかりました。

長期休暇前には、解りやすいToDoの作成が良いとのこと。

PCスキルの低下

あれ?キーボードが上手く打てない・・・

日常的に慣れている作業でも、数日離れることでぎこちなくなる。なんて事もあるようです。

休み明けの2~3日は、溜まっている業務の整理を優先し、客先への訪問や重要な会議の予定は、感覚が戻った頃に入れるのが◎!

大量の裏紙作成・・・ケアレスミス

休み明けはぼーっとしがち。

3枚印刷する予定の書類をうっかり30枚印刷。

デスクにお茶をぶちまける。

客先に間違え電話をかける。

大切なデータを消してしまう。

などなど、休み明けはケアレスミスが起こりやすい!

“なんで休み明けってこんなにミスるの?”

■自律神経の乱れ

自律神経には、リラックスとアクティブのモード切り替えスイッチの役割があります。

長期休暇中に生活リズムを崩してしまうと、自律神経が乱れ、スイッチの切り替えが上手く出来なくなってしまうのです。

仕事中も、リラックス状態から抜け出せず、ミスをしやすくなってしまいます。

このリラックス状況の離脱には、下記方法が有効です♪

眠っている脳に刺激を与え、目を覚まさせる!

★カフェインを摂取

★カプサイシンを摂取

★1分程度のストレッチ

まとめ

トラブルが続くと、楽しかったはずの長期休暇がかすんでしまいます。

重要なのは、「休暇前のしっかりとした準備」と「休暇明けの余裕を持ったスケジュール」です!

長期休暇だけでなく、実は休み明けの月曜日も仕事の失敗が多いというデータも!

仕事が捗ると言われる週半ばはガッツリ働き、ミスの出やすい時は余裕を持って働く。そしてしっかり休む!

緩急を付けることが、業務効率向上の第一歩かもしれません♪

 

記事の平均評価