お問い合わせリンク

採寸作業が誰でもできる!レーザー距離計の使い方

移転先のテナントが決まり、次のステップはレイアウトの検討。

ビルの管理会社さんからもらった図面に当てはめていこう、と思ったら…

管理会社さんが図面を持っていなかったり、施工当時の図面で現状と大きく異なっていたり。

オフィス移転に関わっているとよくあるケースです。

素人でも正確なサイズが計れます

業者さんに図面作成をお願いできるのがベストですが、お願いできる業者さんがいない場合は、自分で作るしかありません。

まずは移転先の採寸から行う必要がありますが、そんな時の必須アイテムが、レーザー距離計です。

写真①_採寸作業に必須!!レーザー距離計のすすめ。

こんな風に測りたい距離の先にポインタを合わせて…

写真②_採寸作業に必須!!レーザー距離計のすすめ。

ボタンポチでOK!!

写真③_採寸作業に必須!!レーザー距離計のすすめ。

加算減算機能でどんな場所でも正確に

加算減算機能もついているので、メジャーをあてるのも難しいこんなところを測りたい時にも…

写真④_採寸作業に必須!!レーザー距離計のすすめ。

まずこうして、

写真⑤_採寸作業に必須!!レーザー距離計のすすめ。

減算でこうすれば、

写真⑥_採寸作業に必須!!レーザー距離計のすすめ。

測れちゃいます!!

写真⑦_採寸作業に必須!!レーザー距離計のすすめ。

いくらするの?

価格は機能によっても異なりますが、室内で採寸する程度であれば、1万円程度で買えます。

採寸にかかる時間・手間が大幅に削減できますので、オフィス移転の際には購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

記事の平均評価