『居抜き』物件オフィスのメリットとデメリット

『居抜き』とはオフィスや店舗などで、レイアウト、オフィス家具などをそのままの状態で、次のテナントへ引き渡すことを言います。

画像 パーテ

◎入居するテナントのメリットとは?◎

『居抜き』は特殊物件ではありますが、もし本当に借りようとする大きさ、場所、ビルグレード、そして内装の条件がピッタリ合う『居抜き』物件があればこれ程得なことはありません。

本来、オフィス移転の際にかかる内装工事の箇所が減り、入居時の初期費用を抑えることが出来るからです。

また、退去するテナント、ビルオーナーにもそれぞれにメリットがあります。

画像メリット

◎退去するテナントのメリットとは?◎

造作したパーティションなどをそのままの状態で退去可能のため、汚れなどの補修程度で済むので、原状回復工事費が削減できます。

◎オーナー、管理会社のメリットとは?◎

パーティション、家具付きのオフィスとして、他物件と異なる提案が出来ます。

原状回復工事前にテナントの内見を誘致し、早期で入居テナントの募集が可能になる場合もあります。

◎現実は・・・

しかし、

居抜き物件を契約したけれど、結局社員達の希望で部屋を作り直す必要が出てきて、工事費がかさんでしまった!

家具を安く買えたのはいいけど、なんだか自分たちのオフィスじゃない気がする。。。

そもそも良い条件の所が無い!結局は移転計画の時期も決まっていたので通常のオフィスを借りることになりました。社員数や必要会議室の数が同じような居抜き物件って無いものですね。

という声も良く聞くもの事実です。

もちろん費用を抑えられるメリットは確実にありますので、新オフィス探しの時間に半年以上の余裕がある場合に限り、居抜き物件も検討するのも良いかもしれませんね!

画像 居抜き物件

5/5 (1)

記事の平均評価