施工現場に密着!スチールパーティション編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんスチールパーティションとは何かご存知でしょうか?

スチールパーティションとはその名の通り、素材がスチールとなっており、アルミパーティションと比べ繋ぎ目が目立たず、耐久性・遮音性・断熱性に優れた間仕切り。

良くエントランスや会議室、社長室などに使われます。

アルミパーティション

こちらはアルミパーティション

スチールパーティション

こちらが今回の施工現場でも建てることになったスチールパーティション

上記の写真と比べても、デザインが全くことなりますね。

アルミパーティションに比べ繋ぎ目が無くデザインはシンプル。

グラスウール(吸音材)を詰めることで遮音性もUPします。

早速ですが、スチールパーティションの施工方法はこんな感じです!

スチールパーティション 施工①

まず職人さんが床・壁・天井にレールを打ち込みます。

スチールパーティション 施工②

石膏ボードを前後に建て、その間にグラスウール(吸音材)を詰込みます。

スチールパーティション 施工③ 完成

グラスウール(吸音材)を入れたら、完成です。

今回の作業時間は丸1日程度。(実際は施工内容により時間は異なります)

撮影にご協力頂いた職人の方々、ありがとうございました。

コストはアルミパーティションより高いのですが、機能性は高いのでこれから間仕切りを建てる方にお勧めです。

間仕切りを建てる際には、弊社アロワーズに是非お問い合わせ下さい!



内装

 

記事の平均評価

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする