【LGS造作壁の解体・補修施工事例】 補修編

LGS造作壁の一部撤去とそれに伴う補修工事の一連の流れをご紹介します。補修編です。

引き戸と引き戸の間に補強の木芯が入っていました。
しかし支えの役割でもあった壁を撤去しましたので、引き戸壁の上部に鉄の補強材をまっすぐ入れる追加補強を行います。

撤去跡の軽鉄むき出し部分にPBボード貼り&パテ処理して、塗装仕上げの準備です。

躯体壁の一部も補修とパテ処理して、塗装仕上げの準備です。

躯体壁と同じ白になる様に塗装します。

仕上がりを確認しながら2度塗りします。

引き戸壁補強用の鉄材も白く塗装して目立たない様に仕上げます。

解体・補修まで2日間工程となりました。

他社が行った造作の改修工事でもこのように対応できます。

下見・御見積のご相談お待ちしております。

5/5 (1)

記事の平均評価