【LGS造作壁を塗装仕上げ・ネコちゃん用の開口部も作ったよ!】の施工事例

今回は、既存オフィス内に新たに部屋を作るためのLGS造作壁・塗装仕上げ・引戸の施工事例をご紹介します。

造作壁なので、PBボードやパテの粉が発生するため、執務エリアが汚れない様にしっかりと養生をします。

軽鉄を組み、PBボードを張っていきます。今回はランマオープンです。
上吊り引戸のため、ドアを吊る部分はコンパネにしてあります。
お客様のご要望で、ネコちゃん用の開口部も設けます。
ここで1日目の作業を終了。
【建具下地、ネコの出入口(仕上げ前) 挿入】

ここから2日目工事です。
ボード同士の溝やコーナー部分をパテで平らに処理してから塗装をします。
寒い冬はパテや塗装が乾きにくくなるので、エアコンを付けさせていただきます。


塗装が乾いたらドアの取り付けです。
今回の建具は既製品の『パナソニック ベリティス 上吊り引戸』を使用します。

カギ付きの引戸は開き戸よりも繊細な調整が必要となります。

建具調整が終われば工事終了です。
別注でガラス部分を透明で納品し、お好みのガラス用シートを貼ることも可能です。

業務中のオフィス内での工事の為、土曜施工を2週に渡って行いました。
時期にもよりますが、建具の納期は約3週間程かかります。
御見積のご相談お待ちしております。

5/5 (1)

記事の平均評価