東京23区内のオフィス賃貸相場ランキング

目次

東京23区内のオフィス賃貸相場ランキング│画像1

オフィス移転で最も気になることは、移転先の賃料やそれに付随するコストです。交通便が良く、なおかつイメージの良い立地条件が整っているエリアに移転するとなると、当然コストもそれに比例して高くなります。

その逆にあまり人気のないエリアだと賃料は安いですが、当然ながら人気が低いことには何らかの理由があることでしょう。

そこで、この記事では東京23区で100坪前後のオフィス移転をお考えの方のために、区別に1坪あたりの参考賃料をランキング形式にてご紹介したいと思います。
意中のエリアが1坪どれくらいの賃料なのか、そして23区内では何位にランクインしているのか、ご参考にしてください。

東京23区100坪前後のオフィス物件の賃料相場ランキング 1位~10位

※全ての区において、共益費については省略しております

東京23区内のオフィス賃貸相場ランキング│画像2
・第1位:渋谷区(参考賃料:¥23,000 /坪)

堂々の1位は、渋谷区です。大きな繁華街を抱えているだけでなく、渋谷駅前や代々木、恵比寿などには並みいる大手企業が本社を構えています。

・第2位:港区(参考賃料:¥22,000 /坪)

こちらが1位でもおかしくないと思えるのが、虎ノ門や六本木、新橋などのオフィス街を擁する港区です。現在も再開発が進んでおり、まだまだ伸びしろ十分です。

・第3位:千代田区(参考賃料:¥21,500 /坪)

名実ともに日本の中枢と言える千代田区もオフィス需要がとても高く、地理的に東京23区のほぼ中心にあるという立地条件も魅力的です。

・第4位:中央区(参考賃料:¥18,000 /坪)

銀座や日本橋、八重洲など古くから東京の商業の中心として栄えてきた中央区は、もちろん今も高いオフィス需要に支えられる形で坪単価もそれなりです。マスコミなどメディア関連の企業が多いこともひとつの特徴です。

・第5位:新宿区(参考賃料:¥16,000 /坪)

世界的にも有数の大繁華街を擁する新宿区は、東京都庁があることから東京の中心でもあります。高層オフィス物件が多く、高層ビルでオフィスを構えたいという企業にとって有望な選択肢です。

・第6位:豊島区(参考賃料:¥15,000 /坪)

豊島区のランドマークと言えばサンシャイン60ですが、それ以外にも池袋をはじめとする区内各地に有力なオフィスビルが密集しています。

・第7位:目黒区(参考賃料:¥15,000 /坪)

もともとは住宅地というイメージの強い目黒区ですが、渋谷区に隣接していることもあって目黒駅周辺には近代的な高層オフィスビルが林立しています。

・第8位:品川区(参考賃料:¥14,500 /坪)

交通の要衝として発展が続く品川駅周辺だけでなく、区内では大規模な再開発ビルが多く建設されています。利便性が高いことから今後さらにビルの建設が進むと見られます。

・第9位:台東区(参考賃料:¥14,500 /坪)

浅草寺や上野公園など観光地に恵まれた台東区ですが、そのイメージとは裏腹に大企業の本社も多数所在しています。

・第10位:大田区(参考賃料:14,500 /坪)

東京23区では最も南に位置しており、羽田空港があることからも東京の玄関口としての機能を果たし続けています。23区の中でも最も面積が広いことでも知られています。

東京23区100坪前後のオフィス物件の賃料相場ランキング 11位~23位

※全ての区において、共益費については省略しております

東京23区内のオフィス賃貸相場ランキング│画像3

・第11位:文京区(参考賃料:¥14,000 /坪)

「文教地区」という言葉の由来になっているほど名門の教育機関が多い区です。立地条件に恵まれているためオフィス進出をする企業が多く、再開発も盛んです。

・第12位:世田谷区(参考賃料:¥14,000 /坪)

若者の町として知られる下北沢や三軒茶屋、二子玉川などブランド価値の高いエリアを擁する世田谷区。住宅街の中に上質なオフィスビルが溶け込む景観が特徴的です。

・第13位:墨田区(参考賃料:¥13,000 /坪)

東京スカイツリーで一躍有名になった墨田区ですが、良好な交通アクセスとコストパフォーマンスの高さから再開発も活発に行われています。

・第14位:練馬区(参考賃料:¥13,000 /坪)

かつては田園風景が広がる地域でしたが、今では閑静な住宅街とセンスの良いオフィスビルが混在する景観のエリアとなりました。

・第15位:中野区(参考賃料:¥12,500 /坪)

新宿や渋谷、池袋などから近いことから住宅街としても発展していますが、この立地の良さから中野坂上や東中野はじめとする区内各地で再開発が進められています。

・第16位:北区(参考賃料:¥12,000 /坪)

文字通り23区の北部で埼玉県と隣接している区です。区内の中心地である赤羽に多くの企業が密集しており、多くのオフィスビルが林立しています。

・第17位:江東区(参考賃料:¥11,500 /坪)

東京湾に面した、いわゆるベイエリアを擁する区です。区内にはお台場や豊洲など近代的なオフィス街が多数あります。

・第18位:杉並区(参考賃料:¥11,500 /坪)

住宅地のイメージが強い杉並区ですが、鉄道のアクセスが良いことから荻窪や高円寺など区内主要駅の周辺にはオフィスビルも多数立ち並んでいます。

・第19位:板橋区(参考賃料:¥11,500 /坪)

下町情緒が残る雰囲気と、大規模な住宅開発で知られる区です。住宅地のイメージが強いことからオフィスビルの坪単価は低めです。

・第20位:葛飾区(参考賃料:¥11,000 /坪)

「東京の下町」と聞いて誰もが想像する風景が今も残る古き良き町です。映画や漫画に登場する町でもあるため知名度が高く、主要駅周辺にはオフィスビルも多数。

・第21位:荒川区(参考賃料:¥10,000 /坪)

かつて工場が多かったことからオフィスビルやマンションなどの再開発が活発な区です。今後多くのオフィス物件が供給されるものと思われます。

・第22位:江戸川区(参考賃料:¥9,000 /坪)

区の面積の大部分が埋め立て地という、まさに新しい町です。住宅地が多くを占めていますが、そのぶんオフィス物件の坪単価はかなり魅力的です。

・第23位:足立区(参考賃料:¥8,500 /坪)

北千住の地名が高い知名度を持っていることからも分かるように、住宅地が多くを占める区です。しかし鉄道によるアクセスは良好で、今後さらに企業の進出が進むと見られます。

まとめ

ここでご紹介した23区のランキングは、おそらく多くの方にとって「やっぱり」と思えるものだったのではないかと思います。最も高い区と安い区とでは倍の差があるわけですが、実際にオフィス物件を探す際にはビルによってケース・バイ・ケースだと思います。
そのためあくまでも目安ですが、オフィス移転先選びの参考にしていただければと思います。

4/5 (2)

記事の平均評価