お問い合わせリンク

業務の時間短縮はまだまだ出来る~ショートカットキーをおさらい~

パソコン操作で便利なショートカットキー

オフィスで仕事をするにあたって、必要なものの一つにパソコンがあります。

オフィスデスクに一人一台…は今や当たり前の風景に。

ですが、現在ではタブレットでのフリック入力が主流となり、若者のキーボード離れが増えているんだとか。

今回はキーボード入力の苦手な若手社員や、ついついマウスで操作してしまうという方に役立つ、基本のショートカットキーをご紹介いたします。

キーボード画像

ショートカットキーとは

コンピュータの特定の機能を動作させる為に押すキーのこと。

マウスでクリックし、特定の機能を実行するのと同等ですが、場合によってはショートカットキーを使うほうが手軽に特定の機能を実行することができます。

キーボード画像2

「Windowsキー」

ウインドウズのロゴキー。

一度押すとスタートメニューが起動し、再度押すと消えます。

その他にも…

Windowsキー + D デスクトップの表示
Windowsキー + F 検索ウインドウの表示
Windowsキー + L パソコンをロックする
Windowsキー + R ファイル名を指定して実行

 

「Ctrlキー」

「Control(コントロール)」を略した文字で「制御する」の意味。

アルファベットキーや数字キーとの組み合わせで使用します。

Ctrlキー + A ファイルやフォルダの全選択
Ctrlキー + C ドラック部分のコピー
Ctrlキー + F 検索ウインドウの表示
Ctrlキー + L インターネットのアドレス入力画面表示
Ctrlキー + N ウインドウやファイルの新規作成
Ctrlキー + P 印刷
Ctrlキー + R ウインドウの更新
Ctrlキー + S 上書き保存
Ctrlキー + V コピーの貼り付け
Ctrlキー + W ウインドウを閉じる
Ctrlキー + X ドラック部分のカット
Ctrlキー + Altキー + Deletキー プログラムの強制終了

「Shiftキー」

「Shift」とは「移動」「転換」「転移」などの意味。

こちらもアルファベットキーや数字キーとの組み合わせで使用します。

Shiftキー + Deleteキー 完全消去
Shiftキー + F10キー メニューの表示
Shiftキー + End カーソル位置からファイル内行頭の選択
Shiftキー + ひらがなキー カタカナ入力切替
Shiftキー + 無変換 全角英数・半角英数の切替
Shiftキー + Caps Lockキー 大文字・小文字の切替

まとめ

今回は「Windowsキー」「Ctrlキー」「Shiftキー」でよく使う操作をご紹介いたしました。

上記ショートカットキー以外にも便利なキー操作は沢山あります。

ショートカットキーを上手に活用して、業務効率UP!を是非目指してみて下さい。

 

記事の平均評価