オフィス移転のお祝いとお届け日のあれこれ。

お知り合いの企業様がご移転された時に、お祝いとして贈る物は何が喜ばれるでしょうか?タイミング的にはいつ届けるのがベストなのか?そして、予算っていくらぐらいが良いのでしょうか?

せっかく贈るのだから喜んでもらいたいですよね!

まずはよく贈られている定番は?

胡蝶蘭

胡蝶蘭

インテリア雑貨、置物、絵画

招き猫

観葉植物

観葉植物1

予算は?

1万円から3万円程度が相場ではありますが、取引量やお付き合いの長さによってご判断されるのがよいでしょう。

ただ、大事なのは気持ちですので、1万円以下だから失礼といったことはありません。

いつ送る?

移転お祝いは、移転が完了して業務開始日(たいていは移転案内状に記載されています)に送るのがベストです。

引越し最中の日に送ってしまうと、引越し作業や工事の邪魔になってしまうこともあるので注意しましょう。

また、「あ、気づいたらお知り合いが移転してた!」という場合には、移転後2週間以内を目安にお送りしましょう。

六曜で送るべき日柄を判断することも

カレンダー

土日で引越し、業務開始日が月曜日というパターンが多いので、必ずしも業務開始日が大安とは限りません。

その場合、六曜によっては届けるのに良い時間帯と悪い時間帯もあります。ここまで気にされる方は少ないと思いますがご参考にしてください。

大安・・・何事にも最良の日。時間帯関係なくお祝い事には最良の日です。

赤口・・・正午のみ吉。午前11時頃から午後1時頃に到着するのがベストです。

先勝・・・先んずれば勝ちという意味。午前中到着がベストです。

友引・・・友を引くという意味。午前中か夕方到着がベストです。

先負・・・先んずれば負けという意味。午後到着がベストです。

仏滅・・・何事においても遠慮すべし。お祝いごとは避けた方が良いです。

最後に

やはり贈り物にはメッセージを添えて贈ると気持ちが伝わり喜ばれますよ!

メッセージ

5/5 (1)

記事の平均評価