お問い合わせリンク

いざ、物探し対決!整理整頓してるのはどっち!?

6月も終わり上半期も終わろうとしている今日この頃。

おかげさまで弊社も日々、お客様先へご訪問の機会をいただいております。

そんなとき、1分1秒を争うタイミングって結構多いですよね。

時計

例えばお客様先訪問時間ぎりぎりなのにプレゼン用の書類が見つからないだとか、

朝一で発注しなければならないのに必要書類が見つからないだとか、

意外と「物がない!」という場面は多いもの。きっと私だけではないはずです。

そんなことで遅刻してしまったらお客様にも申し訳が立たないし、それが失注のきっかけになったりしたら悔やんでも悔やみきれません。

なんと

「平均的なビジネスパーソンは、年間150時間を探し物に費やしている」

という調査もあるそうです。

1年間で6日間以上探し物をしていると考えると、凄くもったいなく感じますよね。

ちなみに私は机や引き出しは汚いですが、ある場所を覚えているというタイプです。

一方O室長。

几帳面で、身の回りがしっかり整頓されている方です。

でもね、O室長!!

もしかして整頓されててもどこに何があるか覚えてないんじゃないの?

見た目が綺麗なだけじゃダメなんだよ!えぇ!?まったく!!困ったなぁ!!!!機能性を突き詰めてる私を見てくれ!!!!

というわけでせっかくなので私とO室長で物探し対決をしました。業務時間内に行ったことは内緒です。

第1戦 ボールペン探し対決!

結果:引き分け(O室長:1秒、私:1秒)

ペン

流石にこれは必需品、お互い机の上にあったため、引き分けです。

順調です。というか私もどこに何があるかほぼ把握してますからね。

結局反射神経の戦いになりそうです。

第2戦 はさみ探し対決!

結果:負け(O室長:10秒、私:2分)

はさみ

O室長はすぐ動き出し、一番下の引き出しをさっと開けるとすぐはさみを取り出しました。

私はO室長の真似をして一番下の引き出しをさっと開け、4週間前ぐらいに買ったミニクッキーが奥から出てきたことに声出したあと、一番上の引き出し奥からはさみを素早く取り出しました。その素早さたるや物凄かった。

そういう発見もあったことを総合すると実質勝ちだとは思っていますが、上司の顔を立てる意味でもここは潔く負けとします。

第3戦 ネクタイ探し対決!

結果:ノーゲーム(O室長:5秒、私:見つからず)

ネクタイ

なんかこれO室長の持ち物検査みたいになってますけどれっきとした対決です。

私3分ぐらい探したんですけどそもそもネクタイを職場においていないということを忘れていました。

そもそも論が発動したのでノーゲームです。

結論:私は平均的なビジネスパーソンよりも探し物に時間を浪費しているっぽい

謝罪

O室長、調子に乗って申し訳ありませんでした。自らを省みたいと思います。

こんな深く深く謝ったのは久々です。最初に煽った私が馬鹿みたいだ・・・自分の体ってこんなに硬かったんだ・・・長座体前屈ヤバくないですかこれ・・・

確かにO室長の引き出し、本当によくまとまっているんです。

文具類、書類等、種別に区分けされていてあまり考え込まずに必要なものを取り出せる環境を作っています。

室長引き出し①

また、基本的にはファイル類を縦に置き、上から見てもある程度どんなファイルがどう入っているかがわかるようになっています。

室長引き出し②

室長引き出し③

確かに、他にもたくさん考え事をしなきゃいけない中、探し物で頭使わないといけないのって嫌ですよね。

私の引き出しです。

年金手帳

なくしたと思っていた年金手帳がこの記事を書いたおかげで見つかりました。

味噌汁

ついでに出自不明の大量インスタント味噌汁も見つかりました。

覚えが全くない。

どうしたらいいんだろう。整理する前にまず診てもらったほうがいいのかもしれません。

反省のしきりです。

ちなみにO室長とは和解しました。

和解

皆様も将来の大事なプレゼンを潰さないためにも、今から身の回りの整理整頓をしてはいかがでしょう。

 

記事の平均評価