感染症対策制度を地用したオフィス内装事例

只今、各自治体にて新型コロナウイルスに伴い感染症対策助成事業が行われているのをご存知でしょうか?

例えば東京都では下記のような制度が(2021年6月30日締め切り)発表されてます。
公益財団法人 東京都中小企業振興公社 のページより
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/kansentaisaku.html

こちらには
ガイドライン等に基づく感染予防対策に直接必要な内装・設備工事費に合致すれば2/3を助成して頂けるとのことです。
(なお、直接必要とは目的を達成するために必要となる主要な内装・設備工事 のみを指し、付随する工事等は含みません)

弊社にもこのような助成制度をきっかけに内装工事(間仕切り工事、壁紙張替工事)をしたい、サーモカメラなどを購入して感染を防ぎたいというお客様が増えてきております。

その中から今回は助成対象で内装工事をしたオフィスの改修事例になります。
壁紙の張替や、床張替が感染症対策?と思われるかもしれませんが、お客様がガイドラインに基づいて計画を申請し、審査を通過した案件になります。

施工事例

施工内容:壁紙張替、床張替

施工前

施工中

施工後

完成後はとても綺麗なオフィスに生まれ変わりました。

感染症対策をしながら働く環境も今まで以上に快適かつ安全で業務に集中できるよう
弊社としてもお客様の役に立てるよう尽力したいと思います。

感染症対策助成事業の詳細に関しましては、下記にURLを添付致しましたので
そちらもご覧ください。
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/kansentaisaku.html

また感染症対策以外にも、オフィス移転に関しましてお客様にご協力できる部分が
多数あると思いますのでお気軽にお問合せください。

5/5 (1)

記事の平均評価