お問い合わせリンク

マスクを外さずに顔認証で開錠、しかも検温付きセキュリティの販売を開始します

現在、コロナ禍で緊急事態宣言やその解除が地域ごとに変化する中、社員の方が安心して業務再開するための方法を模索されている企業様も多いのではないでしょうか。
そんな皆様の一助になればと本日は弊社が代理店として扱っております「検温機能付きの顔認証タイプ電子錠」をご紹介いたします。

こちらがProFaceX(プロ・フェイス・エックス)という全く新しいセキュリティ商品です。

顔認証→OKでも、37.5度以上だとドアが開かない設定も可能

用途別のラインナップの中で現在最もお問合せが多いには何といっても「掌認証・顔認証・検温機能」のTDタイプ。

「非接触で検温ができる機器」と「顔認証によるセキュリティ機器」
これらは別々での設置はよく見ますが、このProFaceXはそれが同時に出来ることが最大の特徴なので、オフィスでは何も触らずに「健康な社員さんだけがオフィスに入る」ということが実現できるのです。

なんと、マスクをしても認証が可能

また、最近ではiPhoneなどの顔認証はマスクを外さなければいけないという問題が話題ですが、本製品はなんとマスクをしたままでも顔認証可能です。

オフィスに来る社員の方が、いちいちマスクを外してセキュリティを作動させたり、一人ひとり検温をして記録を提出したりすることはものすごい手間ですよね。
そんな中「セキュリティの前に立つだけですべてが完結する」便利さが、今の時世に多くの企業さんで喜ばれているのだと思います。

更に、マスク装着してないとドアが開かない設定も可能

そして本製品では「マスクをしていないと開錠しない」という設定も可能です。

現在様々な店舗で「マスク装着」「検温」を行ってから入店を許可するという運用をしています。オフィスでも「37.5以下の体温で、かつマスクをしている人」だけを入室させるというルールを設ける企業であるようです。そんな企業にもProFaceXは最適です。

ログを残せるだけでなく、健康管理にも

ちなみに、本製品は入退室の管理も可能です。従来の「誰が」「いつ」だけでなく「何度の体温で」入室したかが記録できます。この統計が社員さんの健康管理にもつながりますね。

登録作業などもPC上で出来ますので、管理面も楽です。セキュリティ、健康、管理という複数の課題を一括でクリアできるのはなかなか魅力的ですね。

お勧めは自動ドアとの組み合わせ

ドアのハンドル操作など、接触に対しての衛生意識が高まる昨今、上記のようなタッチレスの認証システム+自動ドアというエントランスが作れないかという問い合わせもいただいております。

難しい社会状況の中で、オフィスの中の設備も「より衛生的に」「より便利に」という流れは今後も続いていくと思われます。
そんな状況にスピーディーに対応する一つの手段がProFaceXです。この機会に是非ご検討くださいませ。Web会議による打ち合わせも承っております。

※検温機能の無い「顔認証・カード認証」のみのタイプ。「掌認証・顔認証・カード認証」のPタイプもございます。

4.71/5 (7)

記事の平均評価