オフィスの内装材紹介~ガラス編~

オフィス内装で最も力を入れるエントランス工事!

木目だけだと重すぎるし、シンプルすぎるのも味気ない・・・・

そんな時にオススメなのが、“ガラス”です!

ガラスは、浸透性・反射性があるので、スペースを広く見せる効果があり、スペースを有効活用したいオフィスにはピッタリの部材なのです!!!

そんな万能アイテム“ガラス”。

今回は、その種類について簡単にご紹介させて頂きたいと思います。

■ガラス間仕切り

ガラス 間仕切り

ガラス間仕切りは、ガラスです!

大切な事なのでもう一度。ガラスです!

大型のガラスは迫力があり、“わぁ、お金かかってそう!”という印象を受けます(個人的に)。

実際のところ、高価です!わお!

予算に合わせて部分的に導入しても良いかもしれません。

フォグラス

透明のまま使っても良し。

シートを貼って浸透性を減らしても良し。

“フォグラス”と呼ばれる、半透明なシートもオシャレなものがたくさんあります。

ボーダーやグラデーション、会社のロゴを抜いてオリジナリティーを出すことも出来ます。

■カラーガラス

カラーガラス エントランス

カラーガラスは、LGS壁に貼って使うガラス材です。

商業施設や、大型ビルのエントランス等に使われる事の多い部材なので、見栄えの良さはお墨付き。

ガラス間仕切りより低価格なのに見た目はバッチリなので、浸透性が必要無い場合にオススメです。

例えばこんな時に!

「エントランスの裏面は倉庫があって収納庫を置く予定だけど、エントランスにガラスを使いたい!!!」

「既存のエントランスをガラスっぽくした!でも既存で立っているLGSを壊すのはもったいないなぁ・・・」

などなど。

様々なシーンに対応可能です!

色の種類も豊富で、赤や緑なんかもあるのです!

カラーガラス カラーバリエーション

エントランスで表現するのは、“会社のカラー“です。

こんな会社です!という自己紹介であり、こんな風に働こう!という社員様へのアピールでもあります。

シンプルでありながら高級感のある万能アイテム“ガラス”を導入し、より良い会社を作るきっかけにしても良いかも知れません。


内装

5/5 (1)

記事の平均評価

オフィス移転の際にご活用ください!