【OAフロアとタイルカーペット】施工事例

今回は、樹脂製OAフロアとタイルカーペットの施工事例をご紹介します。

現場は商業施設の店舗テナントとなります。

商業施設の為、22時以降の夜間工事となります。
施工区画のある場所まで200m以上、養生して材料搬入します。

リースラインという、床のジョイント部はコンパネを敷いて傷つけないようにします。
今回は内装造作工事を先行して行っていた元請け業者さんの養生を転用させていただきました。

まずはOAフロアを敷き詰めていきます。
電源工事が先に行われていたので、レイアウトの場所に出るように調整しながら収めていきます。

共用側と店舗内の間と、店舗とバックヤード側の間に木製スロープを適切な角度で設置します。

施主のテナント様から指定された特注柄のタイルカーペットを貼っていきます。

店舗区画外、商業施設のお客様が行きかう共用側の工事はA工事ですが、このA工事側の巾木が、OAフロア分高くしたテナント区画側との間で段差となります。
スロープ側とA工事側が接する部分の巾木は写真の様に仕上げました。

商業施設や駅ビルなど、夜間工事での対応も承っております。
下見や御見積、いつでもご相談下さい。

5/5 (1)

記事の平均評価