オフィスの空気もデザインの対象に。「におい」や「香り」の気配り方

会社のエントランスやオフィス内、臭いと思うことだけでなくこの会社良いにおいだなーっと思った事が一度や二度あるかと思います。

「におい」や「香り」は人が感じる印象に大きな影響を及ぼす要因となっており、実は会社の顔とも言える重要な役割を果たしているのです。

aroma3

「におい」や「香り」の及ぼす影響

良いにおいか嫌なにおいかは脳で情報として判断しております。

ラベンダーの「香り」を嗅ぐと気持ちがやすらいだり、柑橘系の「香り」を嗅ぐと爽やかな気分になったりと人の心を落ち着かせたりカラダのリズムを整える効果があります。

実際に薬に似た物を薬と信じて服用すると同じような効果が現れる「偽薬効果」という現象が御座います。

同じように「におい」に関しても「良いにおい」「悪いにおい」「普通のにおい」と脳で感じてしまうとその「におい」に対した効果がカラダに起こってしまうのです。

印象に関しても同じです、実際の実験結果として普通の道で女性に声をかけるよりパン屋さんの前で女性に声をかけるほうが話しを聞いてくれる確立がアップしたそうです!パン屋さんの焼きたてパンの良い香りを脳が好印象として判断してしまうようです。

びっくりですね。

「におい」や「香り」を制して効率アップ

「におい」や「香り」を変える事で得られる効果は印象をよくする事だけではありません。

普段仕事をしているオフィス内の香りを変えると色々な効果が得られます。

とある実験では、ラベンダーやレモンの香りをオフィス内に充満させた時、普段よりも54%もミスを軽減することができたそうです!

画像②

オフィスの「におい」を消すには空気清浄機

空気清浄機によるニオイ低減

シャープさんの発表にもあるように空気清浄機を設置すると嫌なにおいを低減する効果がある事がわかっております。

とりあえず嫌なにおいが気になる!という方は一度設置してみては如何でしょうか?

ご参考:http://www.sharp.co.jp/corporate/report/pci5/index.html

オフィスの「香り」を生み出すにはアロマ発生器

Air Aroma

気分や空間、イメージに合わせたオリジナルの香りを発生する事のできる製品です。

aroma1

お客様をお迎えするエントランスや、従業員様が休憩するリフレッシュエリア、そして会議室に、それぞれイメージ向上や気分転換、集中力UPなどの目的で、天然の香りで空間価値を向上させることができます。

ショッピングセンターのトイレや駅、その他商業施設にも設置されている実績もありますので、空間問わず「アロマで空間の価値を上げたい」という方はぜひお問い合わせください。

ご参考:http://www.wellness-c.com/services

最後に

簡単に出来るにおい対策として市販されている芳香剤を置く事等出来ますが、人は良くも悪くも「におい」や「香り」に敏感です。

自分が良い「におい」や「香り」と思っていても、他の人にとっては嫌かもしれません。

香りの発生する物を設置する際は周りの意見を取り入れながら実験的に導入してみては如何でしょうか?

aroma2

アロワーズでは上記のようなアロマ発生器の御提案も可能です。お気軽にお問合せ下さい。


お問い合わせリンク

 

記事の平均評価

オフィス移転の際にご活用ください!