【施工事例】エアコンの真下に壁を立てたい。そんな時の解決策とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業種:不動産業坪数:約18坪

工事項目:間仕切り,サイン,床,クロス,照明工事,オフィス家具

設計・打ち合わせ:3週間

工期:3日

ビフォー

画像「Before」

アフター

画像「After」

今回のお客様のご要望は

①しっかりとしたエントランスを作ること

②入口付近に会議室を作ること

の2点のみ。ただ、躯体(くたい)が少々変形であったので、執務室までの通路幅を考えるとギリギリのところでした。梁や柱なども多く考えなければならない点が多かったのですが、設計とお客様とで打ち合わせを重ねた結果、下記のような図面に決まりました。

0001

施工予定図面

脱着式というウルトラC!

これでお客様の二つの要望はクリアできたのですが、もうひとつ乗り越える課題がありました。それは空調です。

通常より若干天井高も低く、このまま造作壁を立てるとエアコンの点検ができません。そこで設計が工夫して、エアコンの蓋が開けるように壁の一部を脱着式にしました。

画像①

これでエアコン点検の際にも安心ですね。

画像②

会議室と同じクロスを使用しましたので、そこまで目立たないです。

知恵と工夫で快適なオフィスに

そして会社の顔、エントランスのクロスもこだわりました。

コーポレートカラーのブルーを活かしつつ、木目を中央に配置して温かみを出しました。

画像③

最後に家具を搬入して完工です。

画像④

限られたスペースでもプロの経験と工夫があれば、意外に問題が解決するものです。

どんな規模でもどんな形状のオフィスでも、悩むよりまずはお問い合わせ下さいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする