企業のブランディングの為のオフィス移転のすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業のブランディングの為のオフィス移転のすすめ│画像2

最近様々なビジネスシーンで「ブランディング」という言葉が使われています。
元々使われていた言葉ではありましたが、ブランドに関する意識が高まってきたせいか、より広い分野で聞かれる言葉となった印象があります。
しかし、広く使われるようになった反面、周りに流されて何となく使うようになった人も多いようです。

そこで本記事では、ブランディングの正しい意味やブランディングを意識したことで得られる効果について解説していきます。
そして最終的には「オフィス移転」と言うテーマとブランディングとの関わり方も論じていく予定です。
現時点では「ブランディング」と「オフィス移転」が結びつかない人も多いと思いますが、まずはご一読ください。

ブランディングとは?

企業のブランディングの為のオフィス移転のすすめ│画像1

ブランディングとは、想像通り「ブランド」にまつわる言葉です。
昨今の日本においては、あるモノを「ブランド化する」または「ブランド力を高める」といった意味で使われています。

では、そもそもブランドとはどういったものなのでしょうか?
原初の意味の「ブランド」は、自分の牛に焼印をして、他者の牛と見分けられるようにするための行為でした。
これが転じて、他のものと区別するために付属されるマークやデザイン、名称などを「ブランド」と呼ぶようになりました。

時が経つにつれ、「このブランドの付いたものは優良だ」などの判断基準が生まれ、ブランド自体が商品やサービスのイメージを確立させることに繋がりました。
今ではマークやデザインなどを超え、目に見えるものかどうかを問わず様々なものにブランドという概念が広まっています。
例えば「中国製の食品は安全でない」「日本製の食品は安全」という考え方は、日本や中国というブランドに対するイメージと言えます。

ブランドにプラスのイメージがあれば、たとえ多少価格が高くて使い勝手が悪くても「『シャネル』のバッグ」というだけで信頼性が生まれ、価値が上昇します。
逆にマイナスのイメージがあれば、例えば中国製というだけで信頼性が低くなり価値が下がります。ブランドのイメージによって商品価値は変動するのです。
このため、企業をはじめとする各組織は自己が関わるモノやサービスに対するイメージを良くするために必死になっています。この活動が現在使われる意味での「ブランディング」です。

「ブランディング」は単なる「差別化」とは違います。差別化を図って売上を増そうとしたところで、さらに斬新な差別化を行った会社が現れれば、ユーザーはそちらに移ってしまいます。
ブランディングとは、「その商品やサービスに関して絶対的な価値や信頼性を一般認識してもらう手法または戦略」です。
言ってしまえば、「この会社のものだから買う」「この人が作ったから買う」という他にはない優位性を作り、そのイメージを広げることがブランディングの目的です。
例を挙げれば、他にどんなに機能性に富みデザインが良いバッグがあってもシャネルのバッグが売れるのは、「シャネルだから」なのです。

ブランディングに成功すれば、価格競争に巻き込まれることは少なくなり、酷い言い方をすればロゴを付けるだけでも価値が上がります。
このため、ブランディングは現在の企業活動に欠かせない戦略となっています。

オフィス移転ではどんなブランディング効果があるか?

さて、オフィスの移転はブランディングに対してどのような効果があるのでしょうか?

実は「場所」というのは一部のビジネスにおいて非常に重要視されるポイントです。
例えば東京ディズニーランドは千葉県にあります。東京という言葉を入れることで、「東京から簡単にアクセスできる」「都会にあるテーマパーク」などのイメージを作れるのです。東京という場所が持つブランド力を活かしたネーミングの例と言えるでしょう。
オフィスを移転すれば、その場所が持つブランド力を利用することができます。また、オフィス移転にはそれ以外の効果もあります。
具体例を見ていきましょう。

・1.成長性のアピール

人気のオフィス街やオフィスビルに移転することで、顧客に対して会社が成長していることをアピールできます。
例えば「銀座に移転しました」「六本木ヒルズに移転しました」と言うだけで、いかにも成長しているようなイメージを与えることが可能です。

・2.お客様への再認知

移転のお知らせをすることで、最近付き合いがない相手へ連絡する口実ができます。
移転をきっかけに、「せっかく近所に越してきたのなら、また仕事をお願いしようかな」と思ってもらえる可能性はゼロではありません。実際にそこから再取引に至った例もあります。
また、メールでなく丁寧な書面で移転の挨拶をすることで、自社のイメージアップを図ることも可能です。

・3.就活生などへのアピール

交通の利便性が高い場所や知名度の高い場所への移転によって、就活生から「この企業は成長企業だ」「通うなら駅が近い方が良い」などと思ってもらえるようになります。
結果として就職希望者の増加が見込め、優秀な人材が現れる可能性もアップします。人材が集まれば企業の業務効率が上がるので移転費を差し引いてもプラスになるのです。

まとめ

企業のブランディングの為のオフィス移転のすすめ│画像3

ブランディングには多くの戦略がありますが、場所と言うブランドを活かして自社のブランドを高めることも可能です。
移転の際には移転先の土地やビルが持つブランド力を考えてみてはいかがでしょうか?
移転をきっかけに企業が成長したケースもあるので、一度検討してみてください。



オフィス移転

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする