電話代行サービスってどんなもの? 利用用途はや料金体系を紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホがビジネスマンの必須ツールとなって久しい昨今、ビジネスでは誰もがスマホを持っていることが前提で、常に連絡を取れて当然というのが現代人の感覚です。働き方も変わり、スマホが1個あればオフィスにいなくても仕事ができる時代となっています。

取引先からの電話は担当者のスマホに直接かけるケースが多くなり、オフィスの電話は内線しか使わない会社もあります。オフィスの電話は軽視される傾向があり、名刺にスマホの番号のみを記載する人も増えています。

しかし、連絡手段がスマホだけというのはよくありません。スマホを紛失するかもしれませんし、打ち合わせ中で電話を取れないこともあるでしょう。取引先は留守電に伝言を残したり、メールを送ったりしてくれるでしょうが、それらをいつ確認してもらえるかといった不安は残ります。そういった不安を解消するために、電話代行サービスを活用してみましょう。
たとえあなたが電話に出られなくても、取引先からの電話を受け取って対応してくれます。

取引先は「スマホ以外にも連絡先がある」と安心してくれますし、電話が多くて対応できないときも電話代行サービスなら大丈夫です。この記事では、オススメの電話代行サービスをご紹介していきます。

■オススメの電話代行サービス

CUBE電話代行サービス
電話代行・秘書代行サービスのCUBE|全国対応

ビジネスユースにピッタリの豊富なメニューが特徴の業者です。創業1948年と長い実績もセールスポイントと言えます。他社ではオプションメニューとして別料金扱いになってしまうようなサービスが、CUBEの標準プランには初めから組み込まれています。そのため、初期費用や基本料金の安い業者と契約してオプションサービスを追加するよりも、トータルで計算すると安くなる場合があります。

標準プランからサービス内容を簡易化したライトプランもあり、安価にサービスを試すことができ、ライトプランでも他社の基本プランと同じくらいのサービスを受けることができるので安心です。

外国人の顧客に対応した英語対応サービスやネットショップ受付代行サービスもあり、自分の業種に合わせて選択できるのも魅力です。標準プランでも充実したサービスを受けたい人や、業種にマッチした電話代行サービスを探している人にはオススメの業者と言えます。

ベルシステム24
CRMソリューションカンパニー--株式会社ベルシステム24

基本となるスタンダードプランの内容は電話代行サービスとして最低限のものですが、豊富なオプションメニューが特徴です。

多くのシーンに対応できる充実した内容の「エグゼクティブコース」や、1日だけピンポイントで使える「スポットコース」などがあり、幅広いニーズに対応してくれます。
対応時間が9時から18時までの電話代行サービスも多いなか、24時間対応サービスがあるのも嬉しいポイントです。

対応時間の長さを活かして、いつお客様から電話がかかってきても大丈夫なカスタマーサポートサービスを行っています。電話のとりこぼしが依頼の取りこぼしに直結する士業の方や不動産管理業、葬祭業を営んでいる方などは、24時間対応のあるベルシステムを検討してみると良いでしょう。料金は少しお高めかもしれませんが、数多くのオプションメニューの中から自分の仕事にピッタリの物を選ぶことができるはずです。オプションが多くて選べない人は、フリーダイヤルから相談ができるので安心です。

MKサービス
月額2900円(税込)の電話代行・電話秘書・秘書代行のMKサービス

MKサービスのセールスポイントは、とにかく安さです。国内最安値を目指し、料金の最適化に挑んでいます。開業したばかりで資金の足りない人や、電話代行サービスを初めて試す人には嬉しい価格設定が最大の魅力と言えます。ただでさえ安いうえに、10日間の無料お試し期間も行っています。

契約一時金もゼロなので、とにかくコストを削減したい人にはおすすめの業者です。サービス内容は簡素化されており、コースによる違いは電話の受取回数や受取毎の単価に関する部分のみです。物足りないと思うかも人もいるかもしれませんが、逆に言えば選択肢が少ない分選びやすいとも言えます。

必要なサービスは盛り込まれているので、特に不自由を感じない人も多いでしょう。予約受付やアンケートの聞き取りに特化した「ヒヤリング代行」、商品の受注を行ってくれる「商品注文代行」といったサービスもあり、双方ともに低価格なのも利用者には嬉しいポイントです。

■まとめ

「電話代行サービスがなくても、スマホがあれば充分だ」と考える人も多いかもしれません。しかし個人でネットショップなどを開業できる現代では、むしろ電話代行サービスの需要が高いのです。

ネットショップ開業の際には、固定電話の電話番号を公開した方が受注が伸びやすい業種も多くあります。携帯の番号しか書いていない業者と、固定電話の番号を公開している業者なら、どちらを選びますか?

電話番号を公開するといっても、個人のものを使ってしまうと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。電話代行サービスはそういった場合にピッタリです。バーチャルオフィス等が増え、働き方が多様化した現代だからこそ、電話代行サービスは需要があるのです。

・電話代行サービスをご利用の場合、レンタルオフィスなどをご利用の方が多いようです。
レンタルオフィス、バーチャルオフィス、コワーキングスペースって何が違うの?

・電話着信時にサブアドレスが表示されることも多々あります。サブアドレス知ってますか?
サブアドレス通知をご存知ですか?

denwa

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする