社員の満足度UP!法人向け福利厚生のアウトソージング3選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年では就職や転職の際に、福利厚生の充実度を重視する人が増えています。採用する側もそれに気付いており、福利厚生の内容を拡充する企業も増加しています。こういった風潮に頭を悩ませるのが企業の福利厚生担当者です。福利厚生の内容は、厚生年金や健康診断などの「法定福利」に加え、企業が自主的に行う「法定外福利」があります。

企業は法定外福利の内容を充実させようとするのですが、従業員のニーズは年齢・性別・勤続年数・家族構成によって様々です。住宅手当や結婚祝いは比較的一般的な福利厚生の例ですが、一般的であるがゆえに喜ぶ従業員も少なく、そもそも住宅は賃貸、結婚はしないという従業員には関係ありません。万人を満足させる福利厚生の内容を1から10まで全てを考えるのは大変なのです。そういった悩みを解決するために、最近では福利厚生のアウトソーシングサービスを使う企業も増えてきています。各社が提供する最適なプランから企業にあったものを選べますし、いざという時の問い合わせも簡単です。企業にあったプランの相談にも乗ってくれるので、業種や従業員のニーズに合わせた福利厚生内容を選ぶことが可能です。この記事では、法人向けの福利厚生のアウトソーシングサービスのうち、おすすめのものを3つご紹介します。

■そもそも福利厚生とは?

社員の満足度UP!法人向け福利厚生のアウトソージング3選画像1

福利厚生とは、従業員の生活の質の向上を図るため、賃金とは別に支給される金品やサービスです。生活が充実すれば、従業員は安心して働くことができます。業務効率の向上が狙えるので、福利厚生は企業活動にとって重要な要素です。

-法定福利とは?
法定福利とは、読んで字の如く法律で定められた福利厚生のことです。例えば労働中の事故で従業員が負傷した場合に備えて、企業は労災保険に加入しなければならないと法律で決まっています。これが法定福利です。その他、従業員が失業したときに給付などを行う「雇用保険」や、将来年金をもらうための「厚生年金保険」、業務外の事故や病気に備えた「健康保険」なども法定福利の一部です。

-法定外福利とは?
法定外福利は、法定福利以外の福利厚生です。企業が任意で行います。交通費や住宅手当の支給が代表例です。法定外福利の内容は多岐に渡り、社宅の提供や社員食堂の設置と言ったものから、育児支援金や慶弔費の支給、企業年金なども含まれます。給付のみならず、企業と提携したレジャー施設やスポーツクラブを割引価格で利用できるのも法定外福利の一部です。

■法人向け、福利厚生アウトソージングサービス

・JTBベネフィット

JTBベネフィット

「働く人々のワークライフバランス」と「活力ある職場作り」をテーマに掲げて、様々なサービスを行っている会社です。福利厚生としてはスタンダードな健康支援サービスや生活設計支援サービスに加え、旅行で有名なJTBグループによる運営のためか旅行関係のサービスも充実しています。企業の予算内で福利厚生を行う定額コース「組み合わせプラン」や、費用対効果をはっきりさせたい人向けの生産コース「設計プラン」、会員制サービスの「えらべる倶楽部」などが実施されています。特に「えらべる倶楽部」のサービスは人気が高く、新入生から定年まで年齢別に使えるように、スキルアップ・結婚関連サービス・住宅購入・高齢者介護などが取り揃えられています。
・ベネフィット・ワン

Benefit-Station.
数多くの福利厚生サービスが利用可能となるのが、ベネフィット・ワンの魅力です。旅行や各種施設の割引券に加え、やはり結婚マッチングサービスや介護施設利用、引っ越し補助等のサービスを受けることができます。コースや地域別にパンフレットを取り揃えてあり、会員登録すると見ることができます。契約前に公式ホームページからサービス内容を詳しく検索することもできるので、パンフレットや資料をとりよせることなく検討することが可能です。様々な地方に住む老若男女が遍く恩恵を受けられる「総合福利サービス」が人気で、利用率も高いのが特徴です。バラエティに富んだ福利厚生内容を望んでいるのであれば、是非検討してみましょう。
・リロクラブ

リロクラブ
2017年のオリコン日本顧客満足度調査「福利厚生サービス」において、堂々の1位に輝いたのがリロクラブです。新しく福利厚生を始める場合も、福利厚生の内容を見直したい場合も、専門家である福利厚生管理士(EBアドバイザー)が相談に乗ってくれます。サービスのバリエーションは豊富で、その種類は5万以上にも及びます。リゾート施設の利用や各種割引サービスはもちろん、介護や育児支援に加えて、「家のガラスが割れた」「水道周りのトラブルが起きた」など、日常のトラブル解決の相談にも対応しています。利用者からの問い合わせ対応はリロクラブが直接行うため、企業の福利厚生担当者の手を煩わせることがないのも人気のポイントです。

■まとめ

実施する福利厚生の内容は、現代の企業にとって大切です。疎かにしてしまうと求人に影響が出るばかりか、既に在籍している社員の勤労意欲が削がれて定着率などが悪化する影響が出てしまいます。しかし、全ての従業員が満足するような福利厚生を作るのは難しく、時間も手間も労力もかかります。アウトソーシングサービスを活用すれば、福利厚生に関する悩みが一気に解決します。この記事を参考に、気に入ったサービスの導入を検討してみてください。



お問い合わせリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする