2017年版 商売繁盛にご利益のある都内の神社7選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■初詣はどちらへ行きますか?

2017年版 商売繁盛にご利益のある都内の神社7選

2016年も暮れに差し掛かりオフィス移転の計画がある企業の方ですと、「来年は新しいオフィスで」と張り切っている方もいらっしゃると思います。
年明けから元気に仕事に励みたいところですが、その前にちょっと神頼みをして気持ちも新たに新年を迎えられてはいかがでしょうか?

そこで今回は、都内で商売繫盛のご利益が期待できる初詣に適した神社をご紹介したいと思います。まずは神社の由来からご利益が期待できる神社です。

【穴守稲荷神社】

穴守稲荷神社

羽田空港近くにある穴守稲荷神社。
神社の由来から商売繫盛に期待を込めて参拝される方が多い神社です。その昔、漁師が漁に出て釣った魚を篭に入れても、籠の中は砂だけになってしまうという日が続きました。村人は狐の仕業だとして稲荷神社で狐を捕まえて懲らしめようとしますが、漁師はこれを許し逃がしてやります。その翌日から漁師は大漁が続き篭には魚とわずかな砂が残り、持ち帰った砂を庭にまいたところ、客が途切れることなく訪れるようになったそうです。
穴守稲荷神社では、この「招福砂」を持ち帰ると願いが叶うとされています。
【皆中稲荷神社】
皆中稲荷神社
新大久保駅近くにあるこちらの神社も、由来から商売繫盛にあやかろうと普段から参拝客が絶えません。
江戸時代に幕府の鉄砲組が射撃の研究をしていたのですが、うまくいきませんでした。しかし、就寝中に稲荷の大神が夢枕に立ったので、その翌朝にお参りすると射撃が百発百中になったそうです。
その後、他の鉄砲組もお参りをして射撃を行うと百発百中になったという伝説があります。転じて皆中稲荷を「みなあたる」と読み、商売があたる・宝くじがあたると参拝客に親しまれています。

■オフィスの近くで初詣に行ける神社

【赤城神社】
赤城神社
神楽坂駅近くにある赤城神社は、神社再生プロジェクトによりこれまでの神社の概念を打ち破るようなモダンデザインの神社に生まれ変わりました。
境内にはカフェが併設され神社で本格的なイタリアンが頂けます。
ご祭神は「磐筒雄命」(いわつつおのみこと)で智、仁、勇のすぐれた力を持ち、殖産興業、厄難消除、火防の神としてご利益が期待されます。また神社内にある赤城出世稲荷神社は出世開運のご利益があるとその当時から大名や公家の崇敬をうけていたようです。


【日枝神社】
日枝神社
千代田区永田町に立地していることもあり、政財界の方が多く参拝する神社として知られています。
日枝神社の総本社は比叡山にある日吉大社なのですが、比叡山に数多く生息するサルを日吉大社では「魔よけの象徴」と考え、神様の使いとしています。
神猿(まさる)様と呼び、「まさる」は魔が去る、勝ると転じて大変縁起が良いとされています。このために、日枝神社でも神猿様を大切に扱い狛犬がいるところに神猿様が鎮座されています。
初詣の時期になると神猿様のご利益にあやかりたいビジネスマンが数多く参拝に訪れます。


【愛宕神社】

愛宕神社
神谷町駅近くにある愛宕神社と言うよりも「出世の石段」と言った方がピンと来る方が多いかもしれません。
23区内で自然の地形としては一番高い山である愛宕山に立つ神社で、86段の急な階段を登り切れば出世運が期待できます。主祭神は火産霊命(ほむすびのみこと)で徳川家康公の命により防火の神様として祀られました。
ご利益として火に関するもの・防火・防災、印刷・コンピュータ関係、商売繫盛があるとされています。

■初詣にも適した有名な神社

【浅草 鷲神社】

浅草 鷲神社
毎年11月の酉の日に開催される「酉の市(とりのいち)」は商売繫盛にご利益があることで知られています。
酉の市でのみ授与される熊手御守は開運・商売繁盛のお守りとして全国から熊手を求めて参拝客が訪れます。机に飾れる小さなものから肩で担ぐほどの大きさのものまで多種多様な熊手があります。毎年一年ごとに大きな熊手を購入し続けると事業・商売が拡大するといわれる縁起物として人気があります。
お酉様としても知られているご祭神の天日鷲神(あめのひわしのかみ)は開拓、殖産の守護神として信仰されており社運隆昌、工事安全 、構内安全 、などのご利益もあるとされています。
【神田神社】

神田神社
日本三大祭りの神田祭りで知られ、神田明神と呼ばれています。
ご祭神は一の宮に大黒様、二の宮に恵比寿様、三の宮には平将門命としています。
商売繁盛の神である恵比寿様は商業・財福・豊漁の神として祀られ、普段からサラリーマンが参拝に訪れています。平将門命は関東を治めたことから勝負の神として高い人気を誇り、守り神として崇拝する者には強力なご加護があるとされています。
また、神田明神の氏子区域には秋葉原といった電気街もあることから、平成14年からはパソコン全体の情報を守って頂けるご利益がある「IT情報安全守護」の授与を始めました。
商売繫盛のご利益が期待できる、都内にある7つの神社をご紹介しました。
初詣の場は「神社で祈願する」ことによって、自分の現状と向き合い今年一年自分自身が何をしたいのかを考える良い機会となります。
その結果、神様のご利益もあるのではないでしょうか。新年がすばらしい年となりますように!


お問い合わせリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする