長方形だけじゃない!「変形」フリーアドレスのご紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は「フリーアドレスデスクの形」についてご紹介いたします。

【画像③】

フリーアドレスについては、

弊社コラムにて以前ご紹介しております。

今さら聞けない!? フリーアドレスのオフィスとは?
■フリーアドレスとは何か フリーアドレスという言葉は皆さんもよく耳にするかと思いますが、それはどういうものかを説明しろと言...

フリーアドレスによる働き方とは、

「どこに座ってもいいよ!」という働き方です。

ただ、フリーアドレスデスク、実はいろいろな形があるんです。

まずは変形ではなく、ベーシックなフリーアドレスから

インステートリンク/ITOKI

【画像①】

https://www.itoki.jp/products/workstation/instate/

ベーシックなフリーアドレスの形です。

一見ただのデスクに見えても、配線収容のスペースが中央にあったり、座る人の脚が当たらないように中央に本来ある机の支柱が小さく設定されていたり、フリーアドレスのための細かな配慮が行き届いています。

ワークリンク/KOKUYO

DSC_0122

http://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/worklink/

ご覧ください・・・円です・・・。

長方形のデスクに比べ、占有面積が少なめなため、必然的に書類を置くスペースが少なくなります。そのため、無意識のうちに社員の書類整頓を促せるよう導入される企業様もあります。

また、省スペースなのも特徴です。

ハーモニー/KOKUYO

【画像③】

http://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/harmonii/

ご覧ください・・・逆に円です・・・。

人の距離が近いので、コミュニケーションを取りやすいメリットがあります。中央には小さな円卓があり、すぐにミーティングを開くことも可能です。

面白い形ですね。

SAIBI(120度ブーメラン型)/KOKUYO

【画像④】

http://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/saibi/

フリーアドレスとは少し毛色が違いますが、特殊な形状のデスクです。

組み合わせてフリーアドレスとして使用される企業様もいらっしゃいます。

占有スペースを広くとりたい企業様におすすめ!

このように、一口にフリーアドレスデスクにしよう、と言っても様々な形があるのです。

オフィスの形は十人十色、こういったいろんな形からチョイスするのもひとつの楽しみですね。

内装

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする