オフィスでサイクリング?エクササイズデスクの紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前の記事でスタンディングデスクをご紹介させていただきましたが、今回は同社が開発したフィットネスバイク機能を搭載したデスク【エクササイズデスク】をご紹介したいと思います。

オフィスでサイクリング?エクササイズデスクの紹介│画像1

ここの製品は個性的で話題になりやすい製品が多く、今回のエクササイズデスクも既にニュースに取り上げられているので、見たことがある方も多いのではないでしょうか?

”ゲームしながら運動できる!?
フィットネスバイク一体型のデスク「エクササイズデスク」が発売に”
http://www.4gamer.net/games/354/G035442/20170725053/

”漕ぎながらPC作業!? エアロバイク付きデスクで運動不足を解消しよう!”
http://top.tsite.jp/news/outdoor/o/36313956/index

メーカーによるとエクササイズデスクのコンセプトは
———————-

適度な運動を、“オフィスでやろう”

こう言いかえれば、少しマシに感じませんか?
正直なところ、仕事も運動も、できることならやりたくありません。
どうせ嫌なら、いっしょに処理してしまえばいいんです。
「やらなきゃいけない」をプライベートに持ち越す必要はありません。

———————-
とあります。

エクササイズデスクの使用例

同社が挙げるスタンディングデスクの使用例は以下の4通りです。
※同社HPより抜粋

自然に運動ができるオフィスづくり

オフィスでサイクリング?エクササイズデスクの紹介│画像2
スタンディングデスクと併設するなどして、自然に運動ができるオフィスを作り。
社員の健康と能率アップを図ります。

サイクリングミーティング

オフィスでサイクリング?エクササイズデスクの紹介│画像3

身体を動かしながら話すことで、気持ちを活性化し、会議効率を上げようとする取り組みです。考えたり会話をする必要がありますので、強度は軽めの3程度がおすすめです。

ストレスの解消に

オフィスでサイクリング?エクササイズデスクの紹介│画像4
ジョギングの後、頭がスッキリした経験はありませんか?仕事に行き詰まったら、適度な運動でストレスを解消しましょう。
強度を高めの6~に設定して、筋肉に負荷をかけるのがおすすめです。

ながらダイエッターに

オフィスでサイクリング?エクササイズデスクの紹介│画像5
ネットやゲームを楽しみながら自転車をこぐ。エンジョイ派のダイエッターにおすすめです。4~5程度の強度から始めて、毎日30分継続することを目標にしましょう。

筆者の感想

ちょっと不思議な商品ですが、展示会で実際に乗って?使って?みたところ適度な運動が心地よく、慣れれば運動不足の解消等が出来る優れモノだと感じました。
筆者としては以下2点に効果があるのではないかと感じました。

ダイエット効果

人間の筋肉で一番大きな筋肉は足の筋肉です。
ダイエットというと、食事制限も大事ではありますが一番大事なのは筋肉つけ、カロリーを消費できる体を手に入れる事。
エクササイズデスクでは負荷を8段階に調節することが出来るので、筋肉量に応じた運動が可能です。

脚のむくみ防止

軽い負荷での運動では、脚のむくみにも効果があると思います。
脚にはポンプの役割をする器官がないため、適度な運動をしてリンパを循環させてやる必要があります。軽い負荷での回転運動でリンパを流してあげる事も可能です。

■しかしデメリットも…
メリットを見るとかなり優れたエクササイズデスクですが、デメリットもいくつかありそうです。

なれるまで少し時間が掛かる

脚の回転運動をしながらの仕事はスタンディングデスク以上になれるのに時間が掛かる人もいるともいます。
また、普段スポーツタイプの自転車に乗っている人は、ペダルのポジションに違和感を覚える場合もありそうです。(筆者は感じました。ただすぐ慣れるとは思います。)

周りの目が気になる

スタンディングデスクも若干人目が気になりましたが、エクササイズデスクはさらに人目が気になりそうです…。
あまり激しくペダルをこいでいたり、こいでいる間に激しく「ハァハァ」していると、注意されてしまうかもしれませんので気を付けましょう。

購入に際して

いきなり大量に購入するのはちょっとハードルが高いと思いますが、会社に1台試験的に導入してみたりするのも面白いかもしれません。

また、オフィス移転などの時に併せて購入をご検討の場合、弊社へご連絡いただければお見積りさせていただきますので、お気軽にどうぞ。



お問い合わせリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする