オフィス内の廊下の正しい活かし方~弊社施工事例より~  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様名:NPO法人 日本テクニカルアナリスト協会 様

坪数:約10坪工事項目:床工事,クロス工事,シート工事,タイル工事,シート工事,照明工事

設計・打ち合わせ:4週間

工期:4日

画像「After」

もともとは普通の廊下でした

画像「Before」

青系の床に白い壁、そして蛍光灯。まさにどこにでもある廊下です。

この奥にエントランスがあるのですが、この廊下が地味なので、どうしても入ってくる方の印象には残りにくいスペースになっていました。

インパクトのある空間に!というご要望からスタート

お客様の方で具体的にこうしたい!というご希望は特にありませんでしたので、テイストの違うデザイン案を複数提案し、イメージを固めていきました。

エントランスがあまり広くないので、複雑な造りをすることができないため、既存壁をどのように活かせばいいかお客様とともに考え込みました。

廊下の床・壁・照明の変化で全く違う空間に

最終的にこのイメージが採用になり、工事を行いました。

イメージパース

それでは、工事の様子を順を追ってご紹介します。

手前の壁もモルタル調の白いクロスで統一感

写真①

一番目につく壁には石目のタイルで大きく装飾

写真②

廊下奥のサインはシンプルかつ温かいイメージ

写真③

名称は立体的な切り文字でしっかりと主張

写真④

さらにサイン用に照明工事を行ったことにより、陰影が出来より一層の高級感を演出しました。

ポイントは赤いライン

また、壁にタイルを貼るだけでは、インパクトに欠けてしまうので、濃い色のシートを帯状に張りました。この帯によりいっそうタイルの影もまし、メリハリを付ける事ができました。

こちらは工事中、派手過ぎないかというご指摘がありましたが、全体の工事が進む中で印象が変わられたご様子です。女性社員からの受けも良いと仰って頂きました。一安心です。

写真⑤

たしかに、この途中段階だと目立っちゃいますからね。

依頼主様、来訪者様の両方に満足いただける空間に

ご提案を重ねたかいもあり、ご満足頂けるエントランスにすることができました。

セミナーを開いていらっしゃるので、不特定多数の方がこちらに出入りされます。

迎え入れるのが楽しみだとも仰って頂きましたので、仕事冥利につきます。

今回のように、オフィスをかっこよくしたいけどどうしたら良いかわからないという方は、是非ともお問い合わせ下さい。

経験豊富な弊社スタッフがご提案から施工までトータルでサポートさせて頂きます!

記事の平均評価

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする