オフィスを緑化する事のメリットとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リフレッシュルーム用写真

2015年12月に【労働安全衛生法】の改正があり、50人以上の労働者を雇用する事業所にたいし、ストレスチェックの義務化がされました。

厚生労働省の調査によると、近年主な働き手となる生産年齢人口は減少、自殺やうつによる経済的損失(http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/cyousajigyou/dl/seikabutsu30-2.pdfC)は年々増加傾向にあり、働き方とオフィスの環境にも変化が求められています。

オフィスの緑化とは?

リフレッシュルーム用写真2

近年のオフィスの緑化はさまざまなものが挙げられます。
以前から見られた鉢植えやプランターの設置のほかに、オフィス内の壁面の緑化や屋上、家具に至るまで様々なスペースの緑化が可能となりました。

また、最近ではプランター棚を活用した緑化もオススメです。

オフィスを緑化する事のメリット

1 ストレスを軽減

緑のある部屋では生理的・心理的なストレスが軽減されることが確認されているようです。

2 視覚疲労を軽減

PCでの作業中に緑を見る事で、視覚疲労が軽減され、作業後に緑を見る事で視覚疲労が回復するというデータあるようです。

3 癒し・リラックス効果

カラーセラピーの観点から見ると、植物の緑色には「安心感・調和・落ち着き」の心理的効果があると言われています。

4 湿度を調整

人が快適に過ごす為に適切な湿度は40~60%と言われています。
加湿器等を使って湿度を調節する事も可能ですが、植物のもつ蒸散作用で室内の湿度を上げることが出来ます。

オフィスの緑化にオススメの植物

オフィスに設置するのにお勧めの気温と湿度に強く、育てやすい植物をピックアップしてみました。

1 シェフレラ・アルボリコラ

気温や湿度の変化に強く、とにかく丈夫で育てやすい植物です。
少しくらいほうっておいても問題ありません。

2 ガジュマル

幸せの木として知られるガジュマルも比較的上部な品種です。
どんな環境でも育てやすく、おすすめです。

3 ユッカ(青年の樹)

日本よりも乾燥した地域の植物で、多少乾燥しても大丈夫です。
但し、日当たりの良い場所においてあげましょう。

4 パキラ

移転の際のお祝いでも大人気。どこのオフィスにもありそうなイメージですが、見栄えがするのでおすすめです。

5 アグラオネマ

乾燥に強く、日陰でも問題なく育つ品種です。
また、そこまで大きく育たない為、置く場所を選びません。

6 ケンチャヤシ

こちらも日陰でもOK。乾燥にも強く生育もゆっくりなので管理しやすい品種です。

緑化の費用は「コスト」ではなく「投資」という考え

それまではオフィスに緑を置くことに対して「コスト」といったイメージを持たれていた方も多いと思います。しかし現在では緑化の様々なメリットを考えると「投資」のイメージに近いものがあるように思います。

内装

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする